岡山セクキャバ「学校に行こう」は女の子によって生おっぱいOK

自宅で一杯やりながら学園系の店を探していると、セクキャバ「学校に行こう」をみつけました。1階から4階までクラスが分かれた、マンモス学園のようです。自宅で一杯やるよりも、女子学生と一杯やったほうが楽しいに決まっています。サッと着がえて身だしなみを整え、柳町の風俗街に向かった時の話です。

 

女学生と女教師のコスプレを楽しめる店

岡山駅の土産物売場で、かき入りお好み焼きとじゃこ天を買って帰りました。かき入りお好み焼きは「かきおこ」と地元でいいます。じゃこ天は、一日に2,000個以上売れるそうです。これがまた、ビールとよく合いますよ。おっと!フランキーは岡山のB級グルメではなく、岡山の風俗担当でした。地元の口コミ情報を巡回してたら、セクキャバ「学校に行こう」の話題で盛り上がっています。一杯やりながら、女子学生と女教師のコスプレを楽しめる店ですよね。
岡山「かきおこ」を食べに行こう!

 

セクキャバは風俗街の柳町をめざせ!

ホームページをクリックすると、1階は通常授業、2階が団体授業、3階は個人授業で4階に職員室があります。夜7時から10時まで4,000円で問題なし、指名1,000円ですが写真なしとボカシでした。こういう時の指名料は、2回目以降の本指名と考えています。じゃこ天を食べながら桃太郎大通りをすすみ、西川沿いを川下に向かって歩きます。県庁通りとあくら通りを越えた先の橋を、右に曲がればセクキャバ「学校に行こう」に到着ですよ。となりは年季の入った小料理屋で、派手なイラスト看板が目印になります。

 

この店のシステムが良くわからなーい

フリーを宣言して一般授業料の4,000円を支払い、案内された店内に学園系のイメージはありません。照明はスポットライトだけで、BGMがガンガン鳴っています。壁にハンガーが吊るしてあるし、安っぽいピンサロみたいな造りになっていました。オーダーを取りにきたのは、セーラー服を着た今風ギャルだけど若くて可愛い!フリーでこのレベルなら問題ありません。しかし、ビールを持ってきたのは、プチポチャの違う子でした。この店のシステムが良くわからないけど、どうなっているのでしょうか?

 

花びら回転にしても何か変なんですよ

どうやらプチポチャさんはヘルプのようですが、キスNGでオッパイもNGでした。ここはセクキャバですよね。ビールを飲んでやり過ごしていると、初めにやってきた女の子がもどってきましよ。会話して肩をだきよせ、キスもOKなら生オッパイも問題なしです。胸の谷間に顔をうずめて、幸せ気分になっていると交代でしょうか?またまたプチポチャさんがやってきました。ヘルプというより、休憩タイムになっています。ムッとしながらやり過ごすと、初めの女の子が帰ってきましたよ。となりに座って「延長しましょうか?」っていわれてもねえ。

 

お姫さま一人に召使い三人が巡回してる

延長せずに店内をウォッチングしてると、本命一人にヘルプが三人ほど付いているのです。お姫さま一人に召使いが三人とでもいいましょうか!中々考えたシステムですよね。指名1,000円だけど、指名しても意味のない気がします。VIPの個人授業ならば、マンツーマンで遊べるかもしれません。今夜はこれで時間終了となりました。次回の再訪問を聞かれたら「…?」と応えちゃいます。ほかにも団体授業や職員室があるから、学園系好みの方はチャレンジしてくださーい。

 

あくら通りに戻って、焼き鳥「おかいち」に立ち寄りました。手作りギョウザを食べながら、忘れない内に要点をメモするのです。納得いかないのは、お姫さま一人に召使い三人ですよね。この点については、次回指名のVIPで再調査したいと思います。

 

岡山セクキャバ