岡山の田町にあるピンサロ「ティアラ」は着衣プレイです

肌寒い季節になってくると、モツ鍋が恋しくなる岡山の風俗管理人フランキーです。ピリ辛スープを飲んだら、汗が吹きだしてきましたよ。このまま外にでたら風邪をひくから、体験レポを書きながら一休みします。岡山のピンサロは、尺屋・抜き屋と呼ばれ、サロンの看板が多いですよね。相場は40分8,000円から10,000円ですが、飲みと抜きに分かれています。飲みだけの料金表示なら4,000円前後、飲みと抜きの両方なら10,000円前後と覚えておきましょう。今回は、飲み30分4,000円・抜き30分7,000円!ピンサロ「ティアラ」の話です。

 

肌寒い夜は鍋を囲んで日本酒が一番

歓楽街の居酒屋メニューに、鍋物が多くなってきました。岡山は瀬戸内海の海鮮だけでなく、九州四国一円から新鮮な海産物が集まってくるのです。最近では、北海道の物産品も多くなってきましたよ。下関のふぐに関サバ関アジ、牡丹鍋やカキ鍋、そしてタラバガニの鍋も人気があります。問題は、一人用が少ないということです。鍋料理は、仲間と一緒に囲むから楽しいのは分かります。そんな時は、田町のあくら通り交差点を西川沿いに南へ進み、ピザ屋の十字路を左折した「めだか」に立ち寄るのです。

 

コラーゲンたっぷりの塩モツ鍋

串焼きとモツ鍋の「めだか」は、一人前から注文できる店になっています。コラーゲンたっぷりの塩モツ鍋をツマミに、日本酒を少し飲みすぎちゃいました。日本酒は、ダイレクトに効いてきますよね。体の中から暖かくなってきたけど、オチンチンも熱くなってきましたよ。店をでて川下に行けば風俗街、川上に向かえば歓楽街なんです。ちょっと一服しながら思案橋になりました。アンナビで近くの風俗店を検索してみると、ピンサロ「ティアラ」があったのです。

 

飲みのセクキャバと抜きのピンサロ

グーグルマップをたよりに歩いていたら、ニューサラダの国の裏側にピンサロ「ティアラ」がありました。入り口にいた黒服に話を聞くと、飲みと抜きのコースがあるようです。飲みはセクキャバで30分4,000円、抜きがピンサロで30分7,000円になっています。セクキャバで気にいった子を、ピンサロでも呼べるのでしょうか?指名を聞くとパネルをみせてくれますが、変わりばえしないのでフリーにしました。受付で料金を支払えば、待合室なしの即ご案内となります。

 

田町のピンサロは着衣プレイ専門店

店内はサロンスタイルでボックスを並べただけ、背もたれは高いけど目隠し効果は期待できません。しばらくすると、ビールを持った女の子がやってきましたよ。フランキーのズボンとパンツを下げただけで、女の子は着衣のままです。この店は、着衣プレイ専門なのでしょうか?キライではないので構いませんが、キスNG、生おっぱいタッチNG、下半身タッチNGでした。このままでは、セクキャバよりサービスが悪いですよね。手コキでは発射しないと思ったのか、やっと生フェラになって安心しちゃいました。

 

セクシードレス着用のピンサロ「フルーツヘブン」

 

ピンサロは抜くことに神経を集中

目が慣れてきたから周囲をみわたすと、服を脱いでる子はいません。お客さんは澄ました顔しながら、女の子が股間に顔をうずめています。30分なら仕方ないと思うけど、セクキャバ並みのサービスはして欲しいですよね。ちょいと酔いがまわっていたから、女の子の頭を押さえてピストン開始!ソファがギシギシ音を立てても気にしません。女の子の口元をみながら口内発射!オシボリに精液を吐きだし、まっすぐ洗面所へいきましたよ。

 

ピンサロは抜き屋や尺屋といわれるように、抜くことだけに神経を集中させましょう。抜ければいいけど、抜けないと風俗のハシゴになっちゃいますよ。

 

倉敷風俗