バキュームフェラに圧倒された岡山ピンサロ「フルーツヘブン」

岡山のピンサロは、歓楽街の田町と風俗街の柳町、少し離れた表町にあります。表町は商店街ですが、夜になると通りが少ないから入りやすいですよ。自宅で缶ビールを飲みすぎ、目じゃなくてオチンチンが冴えてきちゃいました。西川沿いを歩いてピンサロ「フルーツヘブン」に突撃した時の話です。

 

ピンサロとファッションヘルスは間違いやすい

岡山のピンサロは、抜き屋とか尺屋と呼ばれています。看板のキャッチコピーに「恋人気分のエステ!」なんて書いてあるのです。ファッションヘルスと思って入ると、カーテンで仕切られた個室ヘルスみたいですが、シャワーがなければ「ピンサロ!」と頭のスイッチを切りかえましょう。ピンサロは風俗店になりますが、風俗街の柳町よりも歓楽街の田町に多いのです。路面電車の田町電停で降りたら、奥の路地裏が田町二丁目になります。その先を進んで西川方向に曲がると、風俗街の柳町があるのです。

 

西川緑道公園をすぎたら客引に注意しましょう

自宅の本町から桃太郎大通りを進み、西川の橋を渡って川沿いを歩きました。西川緑道公園をすぎた先に、黒服の姿が目立ってきましたよ。自分の店の客引だけでなく、ちょんの間も紹介してくれるけど、風俗初心者は注意してください。岡山の風俗管理人フランキーは、営業許可を取得している店以外利用しません。とはいうものの、プロの目は酔いが少しまわってるフランキーを見逃さないのです。立ち止まって話をきくと、結局4〜5人に囲まれちゃいました。

 

店内が明るいピンサロは若くて可愛い子が多い

市役所通りと交差する場所で客引を振り切り、柳町1丁目にあるピンサロ「フルーツヘブン」まで20分もかかちゃいました。1階が「ドバイリゾート」で2階が「フルーツヘブン」になります。入り口の店員にフリーとナビ割りを伝えて、料金は待合室で支払いました。しばらくすると声がかかり、店内に案内してくれます。店内は薄暗い程度で、女の子の顔やスタイルも分かりやすいですよ。やってきたのは、20代前半のスレンダーギャルでした。ルックスの好みは80%ですが、スタイルは100%ストライクゾーンなんです。

 

セクキャバみたいなピンサロはお得感アップ

セクシードレス着用だから、ピンサロというよりセクキャバみたいなイメージの店です。ビールを注いでもらい肩を抱き寄せ、キスしてもオッパイにタッチしてもOK!パンティに手を入れたら、しっとりと濡れていますよ。指入れでグッチュグチュいやらしい音を立て、ドレスを脱がし生オッパイにキス!オッパイに顔をうずめるだけで、幸せな気分になってきました。お互いに服を脱いでオールヌードになったら、いきなりシックスナインのスタート!バキュームの強弱OK、舌の使い方も文句なし、蜜のあふれ具合もナイスでした。

 

好みの子に当たればピンサロも楽しさ5倍

お互いにエキサイトしてきて、フェラのバキュームパワーがアップしてきたのです。フランキーも負けじとばかり、クリトリスを集中攻撃!女の子が先にエクスタシーを感じたけど、オチンチンをにぎる手に力が入りすぎ・・・ガマンできずに発射しちゃいました。二人ともぐったりしながら動かず、数分間ジッとしたままなんです。女の子が起き上がり、オシボリでオチンチンを掃除してくれます。服を着ていると、時間終了の合図になりました。

 

久しぶりに満足するピンサロといえます。若いこの多いセクキャバもいいけど、好みの子に当たればピンサロの方がモットいいですよね。次回の再訪問もアリだと思います。