岡山風俗に求めているのは「アバンチュール」です

岡山の友達と、酒を交わしながら昔話で盛り上がりました。その場の勢いでピンサロ「アバンチュール」に行った話です。

 

『友達と焼き鳥屋で徳利6本』

岡山の友達が遊びに来たから、美観地区にある有名な焼鳥「高田屋」に連れて行きました。酒蔵の改造した趣のある造りと、焼鳥の塩加減が人気なんです。アスパラ巻き・ちそ巻き・ささみの塩焼き・とり軟骨・とり皮・牛レバー・牛バラ!お品書きを制覇するつもりですか。コクがあるのに咽越しがサッパリしてる、地酒「荒走り」はグイグイいけますよ。気が付いたら、徳利が6本転がってます。ちょっと、飲み過ぎだよね。
岡山の美味しい焼き鳥屋「高田屋」

 

『酔った勢いで歓楽街に突撃』

酔った勢いで、駅通りを抜けて西町の歓楽街に行きました。呼び込みが声を掛けると、友達が直ぐに値段交渉しますよ。幾らで交渉してるかと思ったら、30分の抜き放題で5,000円なんです。「倉敷の相場は8,000円」っていったら「岡山も同じじゃが」ですよ。呼び込みを、おちょくっとる。

 

『風俗の聖地スターライトプラザ』

呼び込みを無視して風俗店の聖地、スターライトプラザに向かいました。壁に描かれてるマリリンモンローが目印だよね。ここでも友達が30分5,000円で交渉してます。あかんやろ・・・と思ったら、ピンサロ「アバンチュール」が10分追加で8,000円です。友達がニコニコして二階に上がるけど、看板に40分8,000円て書いてありますよ。交渉した意味がないよね。

 

『待合室なのにエッチが丸聞こえ』

プレイ終了後に待合室を使用できないので、終わったら店の前で待ち合わせです。一人お客が出て行くと、友達を先にご案内ですよ。もう一人出て行くと、フランキーのご案内です。出入り口が一つだから、分かりやすいよね。友達と席が離れてるのに、声がでかいから筒抜けですよ。「オチンコしゃぶって、裏スジが気持ちよかぁ、オッパイがでっかいのう、手コキは手抜きじゃがぁ」って、声が大きいです。おもう少し静かにプレイしてください。

 

『ピンサロ嬢に戦意消失の爆死』

やって来たピンサロ嬢は、オババの素隠居みたいですよ。会って即!戦意消失しました。「飲み過ぎだから横になるけえ、時間前に起こしてくれんの」と告げて、不貞寝を決め込みました。「地元ね?観光客ね?」って、話しかけんでよか。オチンチンを触るなぁ。「フェラしてあげようか」って言いながらチェックを下ろすなぁ!「酔いすぎで気分が悪い・・・」と言いながら、店をでました。

 

外で待ってると、友達が鼻歌まじりでルンルンルンですよ「いい娘に当たった?」って聞くと「大年増だけどフェラが上手やけえ、2発発射したじゃが」なんです。フランキーの素隠居ババァーの話をしたら、期待しすぎなんだって。尺屋だから気持ちよく抜けばOK!まだまだ修行が足りませんでした。

 

岡山 ピンサロ