高級感がただよう岡山ヘルス「奥座敷」

岡山の風俗にもソープランドがあるということで、今回は2回目の現地ルポになります。前回は桃山に突撃しましたが、事前情報を収集が甘く撃沈しちゃいました。地元の口コミ情報やホームページをチェックして、同じ失敗をくり返さないようにしたいと思います。高級感がただよう、ソープランド「奥座敷」の話です。

 

20代が多くコスプレも楽しめるソープヘルス

ソープランド「奥座敷」のホームページをチェックすると、システムは

  • 60分 22,000円
  • 90分 32,000円
  • 120分 42,000円

だから、桃山と同じ料金体系になっています。女の子の写真は顔カットですが、20代が多いので安心しちゃいました。ミニスカポリスやキャビンアテンダント、セーラー服のコスプレもありますよ。お試し40分16,000円もいいけど、今回はWEB割で60分20,000円にしたいと思います。女の子の写真がウソでなければ、全員スレンダーだから指名しなくても大丈夫なんです。

 

岡山のソープは高級店並の豪華さがある

自宅の本町から桃太郎大通りを進み、西川の橋を渡って川沿いに直進します。あくら通りを渡ったすぐ先に、ソープ「奥座敷」が見えてきました。受付でWEB割とフリーを告げ、60分20,000円を支払い待合室で待機します。ファミレスみたいですが、豪華で広々としていますよ。しばらくすると声がかかり、エレベーターのドアが開いて姫とご対面です。20代半ばのスレンダーだったけど、ちょっとキツネっぽい気がします。室内も高級ソープ並みの豪華さがありました。

 

何度確認してもゴム付き合体プレイが抜けてる

ソファーに腰掛けると、プレイの説明や注意事項が始まります。ゴム付き合体は禁止で、抜きは手コキかフェラ、そして素股を宣告されました。桃山も奥座敷もソープヘルスだと分かっているけど、ハッキリいわれると違和感がありますよね。風俗初心者や出張者から誤解されないように、マットヘルスが良くありませんか?堂々とソープランドを掲げているけど、こんな店は他県で聞いたことないですよ。サービスは、フルアシストの脱衣→シャワーとスケベ椅子で洗体→混浴→潜望鏡!マットに移動してローション→手コキ→フェラ→騎乗位の素股でした。やっぱり、ひとつ抜けていますよね。
潜望鏡とは?

 

ソープランド桃山と奥座敷を箱物ヘルスに分類

女の子が好みならば、マットヘルスで充分だと思います。プレイブースは広く設備も整っているから、デリヘルのラブホ代を考えると同じぐらいですよね。頭の中にソープランドの文字がインプットされると、男としてゴム付き合体を意識しちゃいます。ということで、岡山の風俗管理人フランキーは、ソープ桃山と奥座敷を箱物ヘルスに分類しました。岡山のヘルスは、ファッションヘルス1軒とマットヘルス2軒の合計3店舗だけになります。

 

岡山名物といえるか分からないけど、岡山ソープランドの実態はヘルスになっています。出張者や風俗初心者の方は、ホームページのソープランド表示を誤解しないでください。室内の設備はソープランドその物ですが、サービスはヘルスになっています。レポしながら、頭の中がグシャグシャになってきた!何度も書かないから、自己責任で遊びましょう。とだけ言いたいのです。

 

岡山のヘルスで気持ちよかった話